こやじのアメフト談義 ~悔いなきフィールドへ › アメフト › 走り屋 魂! ~vol、16
過去、所属していたチームのホームページです。
マーベリックス

近畿大学デビルス

関西大倉レザーバックス

2012年03月30日

走り屋 魂! ~vol、16

1990年代前半に一世風靡(そいやビックリ)したオフェンス体型
「ラン&シュート」(R&S)について

メリットとして
①WR(ワイドレシーバー)は速い必要はない。
②オフェンスラインも覚えるアサインメントが少ない。
③QB(クォーターバック)も大砲のような肩は必要ない。
④RB(ランニングバック)はパスプロテクションとランブロックが
  適度にできればいい。

一方では、
下記の問題点があり、採用するチームが減ってます。
①広い視野を持ち、判断能力が高いQBが必要である。
②ランプレーのバリエーションが少なく、そこを補う
  走れるQBが必要である。
③守備にアジャストしたパスコースを取るのが原則で
 WRとQBの意思疎通が必要なためかなりの練習量が必要である。
④パスプレーに特化するのでディフェンスに守られやすい。
⑤守備の戦略が高度化し、TEを置かずにラインだけでの
  パスプロテクションでは、QBを守るのは困難になってくる。
などの理由が挙げられます。

ただし、現在は学生、Xリーグの名門チームのように
ラン&シュートの長所だけを取り入れたオフェンスを採用している
チームは多々あります。

進化型ラン&シュートと言えるでしょう。

ラン&シュートのオフェンス体型は、
レシーバー4人、RB1人が基本で下の写真や図icon15といったものが主流です。



進化型は、上の2つの図icon14赤丸SB(スロットバック)
多様化することでプレーのバリエーションを増やします。

例えば、モーションさせてボールキャリアーとして
ランプレーに加えたり、フェイクしてパスプレーをするなど
ディフェンスを翻弄させることが出来ます。

オフェンスラインは、ゾーンブロックを採用し、どんなランプレーにも
対応できます。

進化型ラン&シュートでは、バックス陣の能力がポイントになり
・走れるQB
・ディライト走法ができ、
        パスキャッチが得意なRB、SB
・ディフェンスを理解できるレシーバー


上記の条件を満たすのであれば
是非、チャレンジしてみてはどうでしょうか
!?



冒頭にあった一世風靡icon15

柳葉敏郎さんや哀川翔さんは有名ですが
下の写真icon15の方々もメンバーでした。



同じカテゴリー(アメフト)の記事画像
SUPER BOWL 2014
2013 NFL開幕!! しちゃってました。
第47回スーパーボウルいよいよ!
NFL 2012 レギュラーシーズンハイライト
NFL 2012 レギュラーシーズン個人成績
NFL NFC&AFCチャンピオンシップ
同じカテゴリー(アメフト)の記事
 SUPER BOWL 2014 (2014-02-02 23:34)
 2013 NFL開幕!! しちゃってました。 (2013-09-15 09:34)
 第47回スーパーボウルいよいよ! (2013-02-04 09:34)
 NFL 2012 レギュラーシーズンハイライト (2013-01-30 09:34)
 NFL 2012 レギュラーシーズン個人成績 (2013-01-29 09:34)
 NFL NFC&AFCチャンピオンシップ (2013-01-28 09:34)

Posted by まりっちん at 09:34│Comments(0)アメフト
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。