こやじのアメフト談義 ~悔いなきフィールドへ › アメフト › 2012 NFL Week7 ブラウンズvsコルツ
過去、所属していたチームのホームページです。
マーベリックス

近畿大学デビルス

関西大倉レザーバックス

2012年11月01日

2012 NFL Week7 ブラウンズvsコルツ



現地21日、インディアナポリス・コルツ
本拠地でクリーブランド・ブラウンズと対戦。
コルツはアンドリュー・ラック、
ブラウンズはブランドン・ウィーデンと
共に新人クォーターバック(QB)が先発した一戦は、ラックが2TDランを挙げた
コルツが1713で競り勝った。
これでコルツは3勝3敗と勝率5割復帰、敗れたブラウンズは1勝6敗となっている。

スコアicon15


ハイライトはこちらicon15


コルツは試合最初のシリーズでラックの3ヤードTDランによって先制。
第2Q早々に追いつかれるが、直後のシリーズで再びラックが5ヤードTDランをマークし、
前半を14対6とリードして折り返す。

 第3Qに入ると、コルツは後半最初のシリーズでTDパスを決められて1点差に詰め寄られる。
だが次の攻撃でキッカー(K)アダム・ビナティエリが
38ヤードFGを決めて突き放す。
その後は共に守備陣が踏ん張ってパントの蹴り合いとなり、
コルツは守備陣が残り約2分でブラウンズが自陣39ヤード地点から行った
第4ダウンギャンブルを止めるなど、最後までしっかり踏ん張り逃げ切った。

チームスタッツicon15


 コルツはQBラックが、パス29回中16回成功、186ヤードながら、
ラン3回12ヤード、2TDランをマーク。
また、ランニングバック(RB)ビック・バラードが
ラン20回84ヤードを稼いだ。

 ブラウンズはQBウィーデンがパス41回中25回成功、256ヤード、2TD、INTなしと
ラックに劣らず奮闘。しかし、同じ新人RBトレント・リチャードソンが
肋骨のケガをおして出場もラン8回8ヤードに終わると後半はプレイせず。
ラン獲得ヤードで55対148と相手に地上戦で主導権を握られ、ボール保持時間で
約10分の差をつけられたのが敗因の1つとなった。
(画像・動画以外はNFL JAPANより引用)



同じカテゴリー(アメフト)の記事画像
SUPER BOWL 2014
2013 NFL開幕!! しちゃってました。
第47回スーパーボウルいよいよ!
NFL 2012 レギュラーシーズンハイライト
NFL 2012 レギュラーシーズン個人成績
NFL NFC&AFCチャンピオンシップ
同じカテゴリー(アメフト)の記事
 SUPER BOWL 2014 (2014-02-02 23:34)
 2013 NFL開幕!! しちゃってました。 (2013-09-15 09:34)
 第47回スーパーボウルいよいよ! (2013-02-04 09:34)
 NFL 2012 レギュラーシーズンハイライト (2013-01-30 09:34)
 NFL 2012 レギュラーシーズン個人成績 (2013-01-29 09:34)
 NFL NFC&AFCチャンピオンシップ (2013-01-28 09:34)

Posted by まりっちん at 09:34│Comments(0)アメフト
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。